ラボモスカルプアロマヘアカラートリートメントメイリーとヌーボーの違いとは?

人気のカラートリートメント、ラボモスカルプアロマヘアカラートリートメントヌーボーがリニューアルしました!

リニューアルした、ラボモスカルプアロマヘアカラートリートメントメイリー

と従来のラボモヌーボーの違いはどこなのか調べてみました^^

 

ラボモメイリーとラボモヌーボーの違いとは?

こちらは従来品のラボモヌーボー

アートネイチャーラボモヌーボー

ラボモスカルプヘアカラートリートメントは、アートネイチャーさんの商品です。

白髪を髪を傷めることなく、トリートメントとしての効果もプラスした、白髪用のカラートリートメントです。

染めるための時間は、3分という驚異的な短さで白髪染めのストレスを軽減してくれる画期的なカラートリートメントです。

 

染まる時間はもうすこしかかるけど、綺麗にそまるのはこれかな

マイナチュレカラートリートメント敏感肌白髪染めを使った本音レビュー
マイナチュレカラートリートメントって口コミ高評価だけど本当に染まるの?実際に2色のマイナチュレカラートリートメントで白髪染めしてみました。敏感肌でも荒れないのか、ちゃんと染まるのか、色もちは?など本音のマイナチュレレビーです。

染まる力がアップ!

3分で染まることがラボモカラートリートメントの最大の特徴ですが、

ラボモメイリーは、そこに染毛力がアップされています。

「ラボモヌーボー」

ダブルモイストリペア効果で毛髪補修成分が髪に浸透していた

 

「ラボモメイリー」

トリプルモイストリペアへとパワーアップ。

3つの成分が髪にの中に浸透して傷んだ髪を補修し、水分量を調節してカラー剤が流れるのを食い止めるように改良されました。

つまり、スピード感はそのままで、しっかりと色をキープするようになったのです。

 

美容保湿成分もアップ

さらに、これまで美容保湿成分が12種類だったのが、

18種類へとアップしています。

この保湿成分、たんに6種類増えたのではなく、大幅に変わっていてびっくりです。

「ラボモヌーボーの保湿成分」

カンカエキス、ブドウ種子油、アルガンオイル、ツバキ種子油、ホホバ種子油、ダマスクバラ花エキス、ザクロ果実エキス、真珠由来エキス、ラズベリーエキス、ローヤルゼリー発酵エキス、シャクヤクねエキス、ローズマリー葉エキス

 

「ラボモメイリーの保湿成分」

桃葉エキス、ウメ果汁、リンゴ果実エキス、ニームリーフエキスメリアザジラクタ葉エキス、アセロラ果実エキス、ルイボスエキス、ナツメ果実エキス、オタネ人参根エキス、アロエベラ葉エキス、アルガンオイルピノサ核油、ホホバ種子油、マカデミア種子油、シアバターシア脂、ラウロイルグルタミン酸、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、イソペンチルジオール、オレンジラフィーオイル、オレイン酸

 

なんと書き出してみると、共通して使われていた保湿成分は、ホホバ種子油だけでした。

それだけ、成分を見直してより良いものを作りたかったのでしょうねぇ。

 

保湿成分をプラスしたことで、髪の毛先までしっとりなめらかで、ハリとコシが出るように作られているそうです。

価格に変化あり

より髪を美しくするための成分がプラスされたので、お値段にも変化が現れています。

「ラボモヌーボー」

3000円(税抜) 3300円(税込)

「ラボモメイリー」

3400円(税抜) 3740円(税込)

 

税抜き400円の値上げになっています。

 

ラボモメイリーの全成分

ラボモメイリーの全成分は以下になります。

水、セテアリルアルコール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、イソペンチルジオール、パルミチン酸セチル、オレイルアルコール、ステアリン酸PEG-5グリセリル、イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、オレイン酸、ヒドロキシエチルセルロース、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、オレンジラフィー油、アルガニアスピノサ核油、シア脂、マカデミア種子油、ホホバ種子油、加水分解ケラチン(羊毛)、ウメ果汁、ナツメ果実エキス、アセロラ果実エキス、オタネニンジン根エキス、メリアアザジラクタ葉エキス、リンゴ果実エキス、モモ葉エキス、アロエベラ葉エキス、ルイボスエキス、ソルビトール、グリセリン、セタノール、ベヘントリモニウムメトサルフェート、セテス-40、セテス-15、ステアリン酸ソルビタン、エチルヘキシルグリセリン、ポリクオタニウム-6、クエン酸、炭酸水素アンモニウム、ジメチコン、BG、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、香料、塩基性茶16、塩基性青99、HC黄2、HC青2、HC黄4、塩基性赤76

 

せっかくですから、旧製品ラボモヌーボーの全成分もご紹介

「ラボモヌーボーの全成分」

水、セテアリルアルコール、ミリスチルアルコール、ステアルトリモニウムクロリド、パルミチン酸セチル、ジメチコン、シスタンチェツブロサ根エキス、加水分解コンキオリン、乳酸桿菌/ローヤルゼリー発酵液、ダマスクバラ花エキス、シャクヤク根エキス、ローズマリー葉エキス、ザクロ果実エキス、オニイチゴ根エキス、ダマスクバラ花油、ジャスミン油、ティーツリー葉油、ベルガモット果実油、オレンジ果皮油、コリアンダー果実油、ブドウ種子油、ホホバ種子油、ツバキ種子油、アルガニアスピノサ核油、オレンジラフィー油、(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、水添ナタネ油アルコール、水添レシチン、ポリクオタニウム-6、ジメチコノール、クロルヒドロキシAl、ステアリン酸PEG-25、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ヒドロキシエチルセルロース、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、イソプロパノール、フェノキシエタノール、炭酸水素アンモニウム、クエン酸、香料、(+/-)、塩基性茶16、塩基性青99、HC黄2、HC青2、HC黄4

 

ラボモメイリーの口コミは?

「良い口コミ」

  • 短時間でよく染まる
  • 以前のものより液が固めなので浴室に飛び散らない
  • 価格が安く黒もあるのがよい

 

「悪い口コミ」

  • あまりよく染まらなかった
  • 染まるけど髪がギシギシになる
  • トリートメント効果はあまりない

 

染まりにくいというご意見もあるようです。

カラートリートメントが染まりにくい時は是非ためして欲しいです・・・

白髪染めカラートリートメントが染まらないを絶対に解決する方法
カラートリートメントの白髪染めって染まらないよね! って思っていたんです、私も。 でも、ちょっとしたコツがあってそれを実践したらキレイに染まるようになりました。カラートリートメントの説明書はほとんど読みません(笑) 美容師さんにも「きれいに染まってますね」と褒められるコツと裏技をご紹介です。

まとめ

  • ラボモメイリーは、短時間でよりよく染まるように改良されている
  • 保湿成分がプラスされ内容も変わった
  • お値段は400円(税抜き)あがった

 

実は私、ラボモヌーボー使っていたのです。

時間は短時間で染まるのですが、染めたあとすぐに色落ちしてしまうのです^^;

なので「今日だけ」「この日だけ」そまって欲しいときに使っています。

ラボモリニューアル

 

ラボモメイリーは染毛力がアップして落ちにくくなっているようですから、これは気になりますねぇ。

でも、まとめ買いしたものでまだ2本も残ってます(笑)

 

染まりが良くて落ちにくさをわたしが実感しているのはこのカラートリートメントです

利尻カラークリーム白髪染め新発売!色もち1ヶ月の検証口コミレビュー
サスティの白髪染めシリーズから利尻カラークリームが新発売!セルフ白髪染めマニアのわたしが早速買って試してみました。使ってみた感想とより長持ちさせる裏技、色落ちの状態、利尻カラークリームと利尻カラートリートメントとの違い、そして実際に使った画像たっぷりの感想です。