白髪染め美容院 頻度50代はどれくらい?髪を傷めない白髪染め

白髪染め美容院頻度

女性の髪の悩み、ダントツに多いのは「白髪」なのだそうです。

白髪染めに対する悩みも多く、美容院で染めるのか自宅で染めるのか、

何で染めるのか、などいろいろ考えなくてはいけません。

今日は、

「美容院ではどれくらいの頻度で染めたら良いのか」について、調べてみました。

 

ズバリ白髪染めの頻度はどれくらい?

美容院白髪染め回数

実際に50代の女性は美容院でどれくらいの頻度で染めている人が多いのか?

答えは「2ヶ月に1回」

という人が、最も多いようです。

 

そして美容のプロも、最低でも2ヶ月くらいは間隔を空けることを勧めています。

 

白髪染め回数多いのはダメ

白髪はちょっとでも伸びてくると、いやなことにとても目立ちます。

しかも、ピョンピョン主張してくるし(笑)

 

だからと言って、こまめに染めるのはNGです。

髪と頭皮に思いっきりダメージを与えてしまいます。

カラー剤にはアルカリ剤が含まれています。

キューティクルを開いてカラーを染めやすくする一方で、

髪の表面にある大切な保護をする膜までも無くしてしまうのです。

 

その結果、髪の内側の成分が流れてしまい、スカスカの髪に・・・。

 

そして、美容院のカラー剤にはジアミンが含まれています。

花粉症と同じように、蓄積されて自分の体の中のジアミン蓄積量が超えて、ある日発症する人も多いです。

できるだけ回数を減らして、ジアミンアレルギーのリスクを減らすのも大切なことです。

 

美容院で白髪を染める間隔は最低でも2ヶ月は空けましょう。

間隔は長ければ長い方が良いと言われています。

 

全体を染めるのは2ヶ月に1回でも、リタッチを毎月やっていてはダメです^^;

また、

リタッチをセルフでドラッグストアなどで売っている、ジアミンの入った白髪染めを使うのはもっと危険です^^;

美容院のものより、さらにジアミンが多く含まれているのですから。

美容院かセルフか年代別の違い

実は、美容院で染める人というのは年齢が高くなるほど減っていく傾向にあるそうです。

美容院で白髪を染める人が、一番多いのは40代。

年齢が上がるにつれ、白髪を美容院から自宅でセルフ染めに移行するようです。

 

これ、わたしはちょっと意外だったのです。

 

年齢が上がるほどに白髪は増えていって、より染めるがめんどうになって、

美容院に行くようになるのかな、と思っていたのです。

 

しかし、40代くらいから本格的に白髪染めを始めると、

60代くらいになるころには、すっかりもう白髪染めで美容院に通うことに疲れているのが本音なのです。

 

次第に美容院からセルフに移る理由は

  • 小まめに美容院で染めていたらお金がかかりすぎる
  • 美容院に行くこと自体がめんどうに感じるようになった
  • 白髪に慣れてきた
  • 頭皮のカユミや染みるのが我慢できない

 

など。

どれも納得ですよね^^;

 

 

 

カラー専門店も人気

白髪染めを美容室でやってもらうには、やはりお金もかかりますよね。

そこで、カラー専門店がどんどん増えてきているし、利用者も増加傾向です。

 

カラー専門店の良いところは、

短時間でカラーだけをやってくれて、

料金が明確、プロの手でキレイに塗ってもらえる。

 

 

料金も美容室でやってもらうより、カラー専門店の方がリーズナルブルです。

カラー剤を持ち込みできるお店も多いので、自分の好きなもので染めてもらうこともできます。

 

2ヶ月とか3ヶ月に一度美容室でカットと白髪染めをしてもらい、

リタッチをカラー専門店でやってもらうという人も増えています。

 

あくまでカラーだけなので、美容師さんとのやりとりも淡白に済むことも良いようです。

 

カラートリートメントを持参して染めてもらっている人も居るので、

わたしも愛用のカラートリートメントを持って、一度行ってみたいと思っています^^

利尻カラークリーム白髪染め新発売!色もち1ヶ月の検証口コミレビュー
サスティの白髪染めシリーズから利尻カラークリームが新発売!セルフ白髪染めマニアのわたしが早速買って試してみました。使ってみた感想とより長持ちさせる裏技、色落ちの状態、利尻カラークリームと利尻カラートリートメントとの違い、そして実際に使った画像たっぷりの感想です。

 

しかし、わが家のご近所のカラー専門店。

人気が高くいつもオープン前に行列になっているんですよ^^;

行列嫌いなわたしは、なかなか行けないのですが、

空いていそうな時間を見つけて行ってみるつもりです。

 

コロナ禍でセルフカラー派が激増

美容師さんとお話をしていたら、

「最近はお客さんが戻ってきつつあるけど、以前より来店までの間が開くようになった」

とのこと。

以前は2ヶ月に1回程度来店していた人が、3ヶ月に1回とか、3ヶ月半に1回になってしまったりするようです。

とくに白髪を染める回数を減らして居る人も多いと感じると言ってました。

 

自粛になれてきたことや、在宅ワークが増えたことで、以前ほどマメに染める必要性を感じなくなった人が増えたようです。

 

カットはなかなか自分でできないけど、カラーは今では自分でも染めやすく、

髪と頭皮に優しいものもたくさん増えてきています。

 

わたしも、カラーは極限まで染めに行かずに自分で染めるようになりました。

 

白髪染め トリートメント1回で染まると人気の4選!染まり重視で選ぶならこれ
自宅で白髪染め派必見! 1回でしっかりと染まるカラートリートメントを選んでいますか? 日々進化している白髪染めカラートリートメントですが、1回で染まらないものは正直めんどくさいです。 わたしが実際に使って、1回で染まると実感したものだけをご紹介します。 これで続けて染めるメンドくささから脱出できますように!

 

白髪染め美容院の間隔を開ける方法

白髪染めセルフリタッチ

セルフリタッチがおすすめです。

 

この時使うのは、市販の白髪染めはさけましょう。

 

というのも、市販の白髪染めは一度でしっかりと染まるように作られているので、

頭皮や髪へのダメージが強いです。

そして、しっかり染まってしまったために、次回美容室で染める時に、

美容師さんが困るケースが多いのです。

 

次の美容室までの繋ぎのリタッチは、1週間程度で色落ちするカラートリートメントか、

1日だけ染まる白髪ファンデーションや、白髪マスカラがおすすめです。

白髪を隠しの選び方と種類!おすすめ商品と裏技もご紹介
白髪をヘアカラーで染めるのめんどくさい!そう思ったら、白髪隠しの出番です。白髪隠し市場はどんどん新製品が発売され使いやすくて染まりやすいものが増えています。それぞれのメリットデメリット、白髪隠しの裏技をご紹介します。

 

マメに染めている友人の話

わたしの友人は、とてもマメに白髪染めをしています。

白髪が出始めたころから、絶対に白髪が見えないようにそれはこまめに染めているんです。

 

しかし美容室で白髪染めをしているうちに、次第にしみるようになり、染めた後はフケが大量発生!

 

現在はヘナで染めています。

 

ヘナはご存知の方も多いと思うのですが、頭皮に優しい反面とても時間がかかります。

ヘナをやめた体験記!メリットデメリットその後は何で染めているかまで
ヘナは合わないひともいます!私がそうでした。3年続けたヘナを思いきってやめた理由とヘナのメリットやデメリットについてまとめてみました。

 

白髪は年齢とともに増えてくるので、それに伴ってヘナの回数も増える。

 

友人は、3週間ごとにヘナ専門店で1時間以上をかけて染めていて、合間のリタッチもヘナを使っているのです。

 

最近は「だんだん白髪染めに疲れてきた」そうです。

 

ヘナじゃなくても染まるのあるよ! とカラートリートメントを勧めたのですが、

使ってみたけど、ヘナの方が自分に合ったそうです。

 

好みとか使った感じは人それぞれですからね^^

 

わたしも頑固に同じものばかり使っていた時期もありました。

マイナチュレカラートリートメント敏感肌白髪染めを使った本音レビュー
マイナチュレカラートリートメントって口コミ高評価だけど本当に染まるの?実際に2色のマイナチュレカラートリートメントで白髪染めしてみました。敏感肌でも荒れないのか、ちゃんと染まるのか、色もちは?など本音のマイナチュレレビーです。

 

しかし、新発売のものがあれ?っと思うほど良くそまってしまったので、

あっさりとそちらに移行(笑)

利尻カラークリーム白髪染め新発売!色もち1ヶ月の検証口コミレビュー
サスティの白髪染めシリーズから利尻カラークリームが新発売!セルフ白髪染めマニアのわたしが早速買って試してみました。使ってみた感想とより長持ちさせる裏技、色落ちの状態、利尻カラークリームと利尻カラートリートメントとの違い、そして実際に使った画像たっぷりの感想です。

 

セルフの白髪染めはどんどん進化しています。

 

自分の髪や頭皮を守れるのは自分だけだと思います^^