ヘナをやめた体験記!メリットデメリットその後は何で染めているかまで

 

ヘナを数年続けていましたが、次第にやめたい気持ちがふくれあがりとうとうヤメてしまいました。

やめるまでは、いろいろと不安も葛藤もあったけど、あっけないほどスムーズにヘナをやめることができたのです。

ヘナをやめた経緯と、現在の白髪染め状況などについてまとめてみました。

あの時やめて良かったー。
って心から思ってます。

ヘナをやめた理由

ヘナをやめた理由

私のヘナ歴は、3年ちょっと。

わりと短いほうでしょうか?

 

当時私は敏感肌で、肌に吹き出物ブツブツ出ていたことが悩みで、肌断食と湯シャンを実践。

湯シャンのメリットデメリット!3年ガチで続けた効果とやめた理由
根強く人気のある湯シャン。 実は私は3年ほど湯シャンを実践していました。 それもかなりガチでストイックなやり方で。 湯シャンのメリットデメリットや効果、そして正しいやり方や私がヤメた理由などについて本音で語ります(...

シャンプーを使わない生活をしていたので、白髪染めはヘナくらいしか選択肢が無かったのです。

ちなみに数年ほど肌断食のモニターもやっていたのですが、そこで「ヘナで染めても良いですか?」

と相談をしてみましたが、できれば使わないで欲しい!」と言われました。

 

「ヘナは肌に優しいというイメージがありますが、実際には肌にとても負担がかかります」とのこと。

(でも、染めないわけにもいかなくて、こっそりとヘナで染めてました)

 

しばらく湯シャンと肌断食をやっていたおかげで、肌の状態も良くなってくるとヘナへの不満が少しずつ出てきました。

『私がヘナをやめたいと思った理由』

  • 色が好みじゃない
  • 染めるのに時間がかかりすぎる
  • 髪がパサパサになっていた

 

以上の3つでとてもストレスになっていました^^;

とくにヘナで髪にツヤが出た、髪がきれいになったという人が多い中で、私は髪がパサパサ。

( ̄▽ ̄) あれ?ヘナって髪にいいんじゃ無かった??

 

もしかしたら、自分には合わないのでは?

という思いを打ち消しながら使うこと数年(笑)

 

肌トラブルもおちついてきたとき、ここらでヘナをやめてみるか!

と、思いきってヘナを卒業しました。

 

ヘナは他のカラー剤には無いメリットもあれば、それに反するデメリットもありました。

ヘナのメリット

ヘナのメリットデメリット

ヘナは、他の白髪染めには無いメリットがあります。

頭皮に優しい

頭皮に優しいのは、アレルギーの原因になりやすいジアミンが含まれていないからです。

ジアミンは市販のカラー剤や、美容室のカラー剤に含まれています。

 

ジアミンによるアレルギーを発症すると、2度と治ることは無いと言われています。

恐〜・・・

髪にツヤが出る

ヘナには天然のトリートメント効果があり、髪にツヤとハリが出ると言われています。

カラー目的ではなく、トリートメントとして髪にコシが無くなってきたからと使うひとも多いと言われています。

セルフで染めることができる

ヘナはネット通販などで簡単に購入することが可能です。

粉をお湯(または水)で溶いて、塗布すると白髪を染めることができます。

 

置く時間に注意したり、液を2種類使ったりといった手間が全く必要がないので、

初心者でも簡単に、セルフで染めることができます。

環境に優しい

ヘナは植物から作られているため、環境に優しいのも特徴です。

自然派のものが好きな方からも支持を受けている唯一のヘアカラーかもしれません。

ヘナのデメリット

 

でも、ヘナにはデメリットもあるんです

髪を明るくすることができない

ヘナは白髪にだけ色が入ります。

その色は赤かオレンジ。

 

髪色を明るくしたい、流行のアッシュカラーにしたいというのは無理です。

 

また、黒っぽく染めるためのインディゴという染料を加えることで黒く染めることもできますが、

これがまた曲者で、かなり黒く染まる上、後からカラーチェンジをしようとしても色が抜けなくなるのです^^;

染める時間が長い

ヘナの一番のデメリットは、時間がかかりすぎることだと思います。

他のカラー剤が、15分とか20分と言っているのに対して、ヘナは軽く1時間はかかります。

ヘナ専門の美容室でも、最低1時間半くらいは置いて欲しいと言われていました。

 

私は少しでも髪色が赤く発色するのを防ぐために、

オレンジで染めたあと数日後に今度は茶色で染めていたので、最低でも合計2時間はかかります。

 

しかも白髪はすぐに伸びてくる・・・。

暇さえあれば白髪染めしているような感覚に陥ってました。

ヘナは色が抜けない

実は、ここが意外な盲点です。

他のカラー剤は、色に飽きたら割と簡単にカラーチェンジが出来ます。

 

ところが、ヘナはカラーチェンジがとても難しい。

 

色がとにかく抜けにくいのです。

 

一度ヘナで染めたら、染めたところは切らないと色が抜けません。

 

そのため

「ヘナで染めるのは出家をするようなもの」

という人までいます。 笑

 

わたしもそれ聞いて大いに納得。

後述しますが、友人がまさにヘナ出家をしたからです。

 

ヘナは誰にでも合うものではない

ヘナは愛用する人にとってはものすごく絶賛されている感がありますが、

正直なところ私はそれほどの効果が実感できなかったのです。

 

例えば、髪にツヤが出るどころか、当時の髪はパサパサ。

フケもしょっちゅう。(湯シャンのせいもあるかも)

 

頭皮をスコープで見てもらう機会があったのですが、そこで言われたのは

「頭皮がずいぶん赤くて、荒れてますねぇ!!」という衝撃的なものでした!

 

当時の私の髪の様子がこちらです。

われながらパサパサでツヤ感ゼロのひどい状態です。

これが3年使ったヘナ染めの末路。

これじゃやめたくもなるよね

ずっとヘナで染めている友人たちの髪を見ても、ツヤ感は正直感じられないんですよね・・・。

ホントにヘナって髪にツヤ出るのか疑問??

わたしの本音です。

 

また、ヘナでアレルギーが起こらないというわけではなく、意外と知られていませんがアレルギー症状が起こるひとも居るわけです。

ヘナって自然の植物を使ったものですから、それが合う人もいれば、植物によるアレルギーが起こる場合もあるのです。

合わないと「かゆい」「頭皮が乾燥してフケが出る」「匂いがとにかくダメ」

という人が多いようです。

 

ヘナを実際に使うと、かなり乾燥するというかバキバキに固まっていきますよね。

しかもヘナの特性として時間を置けば置くほど染まるというわけで、しっかり時間を置くと、まるで石膏で固めた状態。

肌も頭皮も乾燥させすぎは良く無いのは誰もが知るところです。

その乾燥しきったヘナを洗い流していくのですから、頭皮にはより負担がかかります。

 

実際にヘナで染めていたころの私は、フケが出やすく黒い服を極力着ないようにもしていました。

 

ヘナを過信しすぎてはいけません( ̄▽ ̄)

 

ヘナをやめたい人が増えている

私が今通っている美容室でカラーリストさんに教えてもらったのですが、

「ヘナをやめたい」「ヘナの色を落としたい」という依頼がとても増えているのだそうです。

 

「ヘナやめたい理由ってなんでしょうか?」

と尋ねると、「それは色ですね」

美容師さん即答。笑

 

「ヘナの場合は染まり過ぎてしまうんですよね」

わかります、わかります。

「今って染めるにしても少し透明感のある感じが人気なのですが、ヘナはベタっと重く染まってしまうんですね。それと最近のカラー人気もあって、やめたいと思われるみたいですね」

なるほど〜。

たしかに最近ってみなさん自由にいろんな色を楽しんでますよね。

ヘナじゃ絶対に透明感は出ないし、色を楽しむことはできない。

 

美容室ではどうやってヘナを落とすんですか?

と聞くと、「ブリーチ剤を使って落としていくのですが、他のカラー剤と違ってヘナは赤い色素がしっかりと残ってしまい、一回では落とせないことがとても多いのです」

とのことでした。

 

しっかりと染まったヘナの色をブリーチで落とすのは、髪がそうとう傷むのは覚悟しなくちゃいけません。

 

私は無理にヘナの色を落とさずに、生えてきたところをどんどんカラートリートメントで染める方法で脱ヘナできました。

 

ヘナをやめた後のカラーリング問題

 

ヘナをやめると決めたら、代わりとなる白髪染めを見つけるのが最初の課題。

白髪を染めることができるのは大きくわけて3種類

  • 白髪染め(美容室、市販)
  • ヘアマニキュア
  • カラートリートメント

 

私は肌が敏感だったので、肌トラブルが起こらないようなもの、そして髪もバサバサだったので傷まないものにしたい。

となると、当然ジアミンを使っていないもの。

ヘアマニキュアか、カラートリートメントになります。

白髪染めセルフが人気!カラー剤の種類と選びかた美容師さんおすすめのもの
白髪ってどのカラー剤でそめたらいいの?と迷っていませんか。 種類が多くていろいろ迷ってしまいますが、簡単にカラー剤の種類と特徴をまとめてみました。 美容師さんがおすすめする白髪染めもあります。セルフ白髪染めをどんどんやってみましょう。

 

ヘアマニキュアは、「頭皮に付けない」というテクニックが必要で、不器用な私にはちょっと不安。

そこで「カラートリートメント」を選びました。

これが大正解でしたっ

 

こちらがヘナをやめてカラートリートメントで染めはじめた直後の髪です。

使ったカラートリートメントは、マイナチュレカラートリートメント

色はダークブラウンを使っています。

カラートリートメントにしてからそれほど経ってませんが、ヘナで染めていたときのパサ毛と違って、全体にまとまりとツヤが出てきたんです。

 

ずっとヘナで染めていたし、湯シャンも実践していたので、カラートリートメントを使うのはものすごく不安でした。

「ちゃんと染まるのかな」「肌あれしないかな」

すごく悩んでカラートリートメントについて調べまくる日々だったのですが、ちょうどその頃

マイナチュレのカラートリートメントが新発売されて、「どうやら敏感肌にも優しい」カラートリートメントで、染まりもよさそう。

さらいん、白髪染めとしてだけではなく、「トリートメントとしての効果も高い」とある。

よし!と思いきって注文して、初めて使ったときの感動といったらもう。

 

ヘナで染めていた時と比べてみましょう!

あぁ、もう一目瞭然すぎる。笑

もっと早くから使っていれば良かったです・・・。

 

マイナチュレカラートリートメント>>>

こちらにマイナチュレを使った感想をたっぷり書きました
マイナチュレカラートリートメント体験記!敏感肌が使った本音レビュー
マイナチュレカラートリートメントの体験ブログです。敏感肌でも安心して使える白髪染めを探してマイナチュレを使ってみました。実際に染めた様子や気になる点などまとめてみました。

 

ヘナで染めていたころは髪がパサつくので常にまとめていましたが、髪にまとまりが出てきたのでカットをしたくなってきました。

ヘナをヤメてカラートリートメントにする方法

ヘナを止めるのは実はとても簡単です。

  • ヘナを使うのをストップする
  • カラートリートメントで染め続ける

これだけです。

 

ヘナで染められた部分は切らない限り無くなりません。

伸びてきたところを、ヘナ以外で染め続ければ良いだけです。

 

なぜカラートリートメントかというと、

頭皮も髪も痛まないのでこまめにしょっちゅう染めることができるから。

 

ヘナでしっかりと染めていると、伸びて根元に生えてきた白髪がとても気になると思います。

カラートリートメントなら、気づいたときすぐに染めることが出来ます。

 

少しずつこまめに染めているうちに、気づいたらヘナで染めた部分は無くなるし、最近のカラートリートメントは髪を補修する成分が入っています。

 

髪もツヤツヤになり、貴重な時間をヘナに奪われずに済むことがとても嬉しくなりました。

 

実はヘナを使う前にもカラートリートメントで染めたことはあったけど、当時のものは染まりにくくて断念したことがあったのです。

ところが『わたしがヘナを愛用していた3年くらいで、大きく進化していたのには驚きました!!』

 

カラートリートメントはヘナに無い良さがたくさんあります

 

カラートリートメントの良いところ

  • 短時間で染まる(10分から長くても30分)
  • トリートメント効果もある
  • ジアミンが入っていないのにちゃんと染まる
  • カラーがヘナよりおしゃれ

 

今わたしが愛用しているカラートリートメント

ヘナをやめるのをきっかけにカラートリートメントを使いはじめました。

以来カラートリートメントは、私の生活に欠かせないものとなり、人気商品から新製品まで良さそうなものはどんどん使ってみています♪

ほとんどマニアの領域です

ヘナやめてカラートリートメント

簡単に白髪がそまるし髪はツヤツヤになり、香りの良いものが多くて、使うのが楽しくてしかたがないのです。

最近気に入っているのは、白髪が染まるだけじゃなくて髪の補修までしてくれる

ハーバニエンスヘアカラートリートメント >>>

 

美容効果の高いアルガンオイルや、ホホバオイル、マルラオイルなどたっぷり配合されていて、美容液のような保湿成分で作られたカラートリートメントです。

ハーバニエンスで染めたあとの髪はこんな感じ

しっかりと染まりつつ、ツヤも出るんです。

 

染める時間も短く5分(わたしは15分くらい置く)、ものすごーく良いバラの香りがします。

「ハーバニエンスは正直毎日でも使いたくなります」

もったいないから使えないけど。笑

 

乾燥していていつもフケが出やすかったのに、カラートリートメントにしてからは、ツヤが出てきて、頭皮もきれいな色(真っ白)になりました。

 

ヘナに最近疲れてきた・・・と感じたら、

すぐにでもカラートリートメントに挑戦してほしいです。

 

\わたしのパサ毛がツヤツヤになったカラートリートメント体験記はこちら/

ハーバニエンスヘアカラートリートメントの体験談と口コミ検証【ただいま愛用中】
ハーバニエンスヘアカラートリートメントの体験記です。染まりやすさや、髪は傷まないのか、とくに髪がパサついたり、傷むのがイヤなので、その辺もしっかりと調べて購入しました。 実際に使ったからこそわかる本音の感想を写真たっぷりにご紹介します。

 

マニキュアはダメなの?

マニキュアタイプは染まりやすくて良いのですが、ヘナをやめるときって、新たに白髪が伸びてくる根元を中心に染める必要があります。

となると、根元にもすりこむようにして染められるカラートリートメントの方が良いのです。

ヘアマニキュアは基本、頭皮につけてはいけないので。

 

ヘナをやめる過程では、マニキュアよりカラートリートメントの方がおすすめです。

ヘナから抜け出したら、マニキュアにするのも良いと思います。

マニキュアはカラートリートメントより染まりやすいし、色もちも長めですから。

ヘナをやめて良かったこと

 

わたしの場合は、インディゴなど濃く染まるものを使っていなかったのもあり、あっけないほどスムーズにヘナをヤメることができました。

思いきってヤメて良かったと心から思っています。

とくに以下のことが理由です。

  • 白髪染めに時間がかからなくなった
  • 髪がつやつやになった
  • 明るいカラーを楽しむことができる
  • おしゃれをするのが楽しくなった

 

やはり髪色が制限されているのって楽しくなかったんだなぁと、ヘナをやめて気づいたことのひとつです。

髪色がちょっと明るくなっただけで、気分が華やいでおしゃれをしたくなりました。

 

ヘナはとにかく時間がかかります。

自分で染めるにしてもヘナを用意して塗って洗い流すのに、最低でも1時間はかかります。

でも、髪は必ず伸びてくるので2週間もすれば白髪が生えてきます。

 

リタッチでも、染めるのにかかる時間はほぼ同じですから、気になるたびにこの時間を捻出しなくてはいけないんで。

 

貴重な時間をヘナに費やしてしまうのは、もったいないです^^;

 

実は先日義母が他界しまして、その時「カラートリートメントってありがたい」と心から思ったのです。

というのは、ちょうど少し白髪が目立ってきていたから。

前日の深夜に入院していた病院から知らせが入り、早朝には出発することに。

ほとんど眠れぬままに、朝起きて速攻入浴前にカラートリートメントを塗って、白髪を消してすぐに出かけることが出来ました。

これがヘナだったら、最低でも1時間半は染めるのにかかるのですから、こんなときに白髪なんて染めていられません。

不謹慎ながら「ヘナやめていてよかったー」と思いました。

 

ヘナをつかっていないと、カラーは自由自在です。

自分でカラートリートメントで染めるも良し。

美容室で人気のアッシュカラーにしたり、ハイライトを入れたりと、流行を楽しむことも出来るのです。

最近のわたしの髪。

美容室でハイライトを入れてもらってます。地毛ハイライトっていうやつですね。

ハイライトはやはり傷むのでしょっちゅうはやりたく無いので、根元の白髪のリタッチは、

ハーバニエンスカラートリートメントのベージュブラウンを使ってます。

 

\初回35%OFFで購入できます/

ハーバニエンスヘアカラートリートメント 

 

美容室でハイライトを入れてもらうのは、3ヶ月おき程度です。

 

ヘナ時代にはパサパサだった髪ですが、カラートリートメントを使っているうちにハリも出てきて、

「ハリのある髪ですね〜」と美容師さんによく言われるようになりました。

 

ヘナ時代はボロボロの竹ぼうきのような髪だったのに。笑

 

ヘナ出家をした友人の話

ヘナ出家

私がヘナで染めていたころはヘナがちょうど流行っていた時期でした。

友人のほとんど全員がヘナで染めていて情報交換もしたりしてヘナで盛り上がっていたんです。

そんなある日、友人の1人が赤くなりがちなヘナに飽きて髪色を黒くしたいと言いだし『ヘナで真っ黒』に染めてしまいました。

ヘナ専門店に染めにいくと美容師さんから「かなり黒くなりますよ!」と牽制されたにもかかわらず、どんだけ真っ黒かがイメージ出来ず。

「大丈夫です!」とゴリ押しで黒くしてもらったら・・・。

 

これがもう真っ黒なんです。地毛の色をはるかに超えた真っ黒としか言いようのない色。

はっきり言ってかなり不自然な色です。

本人もこんなに黒くなるとは思っていなかったし、染めた直後にあった私もかなりびっくり。

 

でも本人はもちろん私も、簡単に色を抜くことができると思っていたのです。

 

ところが、他の美容室でカラーを明るくしたいと言っても

「ヘナで染めたんですねぇ、明るくするのは無理です」と断られ続けます。

 

やっと髪の毛が少し伸びてきて、カラー専門の美容室でしぶしぶ伸びてきたところだけ染めてもらえたのですが・・・

 

なんと頭頂部だけ明るい色に染まってました!

 

根元に生えてきたヘナで染めていないところだけが、白髪染めの「明るい色」でそまっているので

根元だけかなり明るい茶色(金に近いくらい)  他はヘナの真っ黒のまま。

つまり逆プリン状態。 

「頭のてっぺんだけ茶色だよ!」

「髪どうしたの?」

と会う人会う人に言われてました^^;

 

結局友人は、またすぐにヘナ専門店で明るく染めた部分を含め、全部をふたたび真っ黒に染めることになりました。

それ以来、友人は髪色を明るめにすることも無く、ヘナ以外で染めようと思うことも無く、

常にヘナでほぼ真っ黒な髪色を何年も続けています。

 

完全に「ヘナ出家」をしてしまったのです。

 

3週間に一回は電車でヘナ専門美容室に行き、たっぷり時間をかけて染めてもらい、自宅でも伸びてきたところを7日〜10日置きにヘナで染めています。

 

ヘナで染めている数時間、その間外出もできません。

宅配のお届けが来てもスルーです。

友人はフルタイムで仕事をしているので、休みの日の半日はヘナのための時間。

 

時間がもったいなくない〜??

 

以前「カラートリートメントにしたら楽だよ」と勧めてみたのですが、

出家をした友人は、ヘナを止めることはありません。

 

でも、最近は友人も更年期にさしかかり(私より年下です)、

「いい加減白髪染めに時間ばかりかかって疲れてきた」というようになりました。

 

やめちゃいなよ〜、と言いそうになりますが、同じことをずっと続けることが好きな彼女が、そう簡単にやめないことは知っているので、そっとしてます。

 

「その後の友人・・・」

ヘナでずっと染め続けていた友人。

現在もヘナ染めの得意な美容室にまめに通っていますが、やはり「髪色を明るくしたい」と思い始めたそう。

 

「明るくしたいんですけど」

と美容師さんに相談すると、「ヘナの色が抜けるまでは無理なので、少しずつ伸びてきたところをリタッチしていきましょう」

ということになり、伸びたことろをぼかすように、すこーしずつ明るいヘナで染めているそうです。

ヘナの明るい色ですから、あまり明るくないしやはりオレンジっぽいんですよね。

 

そうして久しぶりに友人に会ったのですが、その髪色は・・・

「全然色変わってないじゃん!」

とつい口に出してしまうほど、全くと言って良いほど変化なしでした。

 

「ヘナやめちゃえばいいのに!!」

とまた思った私です。笑

まとめ

  • ヘナは誰にでも合うわけでは無い。
  • 敏感肌でも、ヘナ以外のカラー剤はある。
  • ヘナをやめたら、白髪染めがとても楽しくなった♪
  • ヘナで使っていた時間を他に使える

 

50代ともなると、時間があっという間で、1日はおろか1週間もすぐに経ちます。

ヘナに取られる時間が減ると、自由に使える時間が増えますよ♪

その時間を好きなことに使いましょうー。