ヘナをやめた体験記!メリットデメリットその後は何で染めているかまで

 

ヘナやめた

 

ヘナを数年続けていましたが、次第にやめたい気持ちがふくれあがりとうとうヤメてしまいました。

やめるまでは、いろいろと不安もあったけど、あっけないほどスムーズにヘナをやめることができました。

ヘナをやめた経緯と、現在の白髪染め状況などについてまとめてみました。

ヘナをやめた理由

私のヘナ歴は、3年ちょっと。

わりと短いほうでしょうか?

 

当時私は敏感肌で、肌に吹き出物ブツブツ出ていたことが悩みで、肌断食と湯シャンを実践。

シャンプーを使わない生活をしていたので、白髪染めはヘナしか選択肢が無かったのです。

 

しばらく湯シャンと肌断食をやっていたおかげで、肌の状態も良くなってくるとヘナへの不満が少しずつ出てきました。

 

私がヘナをやめたいと思った理由

  • 色が好みじゃない
  • 染めるのに時間がかかりすぎる
  • 髪がパサパサになっていた

 

の3つでとてもストレスになっていました^^;

とくにヘナで髪にツヤが出た、髪がきれいになったという人が多い中で、私は髪がパサパサ。

もしかしたら、自分には合わないのでは?という思いを打ち消しながら使っていました(笑)

 

肌トラブルもおちついてきたとき、ここらでヘナをやめてみるか!

と、思いきってヘナを卒業しました。

 

ヘナは他のカラー剤には無いメリットもあれば、それに反するデメリットもありました。

ヘナのメリット

ヘナは、他の白髪染めには無いメリットがあります。

頭皮に優しい

頭皮に優しいのは、アレルギーの原因になりやすいジアミンが含まれていないからです。

ジアミンは市販のカラー剤や、美容室のアルカリカラーにも含まれています。

 

アレルギーを発症すると、二度と治ることは無いと言われています。

 

髪にツヤが出る

ヘナには天然のトリートメント効果があり、髪にツヤとハリが出ると言われています。

カラー目的ではなく、トリートメントとして髪にコシが無くなってきたからと使うひとも多いです。

 

セルフで染めることができる

ヘナはネット通販などで購入することが可能です。

 

粉をお湯(または水)で溶いて、塗布すると白髪を染めることができます。

 

置く時間に注意したり、液を2種類使ったりといった手間が全く必要がないので、

初心者でも簡単に、セルフで染めることができます。

 

環境に優しい

ヘナは植物から作られているため、環境に優しいのも特徴です。

自然派のものが好きな方からも支持を受けている唯一のヘアカラーかもしれません。

ヘナのデメリット

しかし、反面ヘナにはデメリットもあります。

髪を明るくすることができない

ヘナは白髪にだけ色が入ります。

その色は赤、オレンジ、インディゴカラーを使うとかなりダークなブラウンや黒と限定的な色になります。

髪色を明るくしたい、流行のアッシュカラーにしたいというのは無理です。

 

また、黒っぽく染めるためのインディゴという濃く染まるカラーもありますが、

これがまた曲者で、かなり黒く染まる上、後からカラーチェンジをしようとしても色が抜けなくなるのです^^;

染める時間が長い

ヘナの一番のデメリットは、時間がかかりすぎることだと思います。

他のカラー剤が、15分とか20分と言っているのに対して、ヘナは軽く1時間はかかります。

ヘナ専門の美容室でも、1時間半くらいは置いて欲しいと言われていました。

 

私は少しでも髪色が赤くなるのを防ぐために、オレンジで染めたあと数日後に今度は茶色で染めていたので、合計2時間はかかります。

 

しかも白髪はすぐに伸びてくる・・・。

暇さえあれば白髪染めしているような感覚に陥ってました。

ヘナは誰にでも合うものではない

ヘナは愛用する人にとってはものすごく絶賛されている感がありますが、

正直なところ私はそれほどの効果が実感できなかったのです。

 

例えば、髪にツヤが出るどころか、当時の髪はパサパサ。

(湯シャンのせいもあるかも)

フケもしょっちゅう。

 

頭皮をスコープで見てもらう機会があったのですが、そこで言われたのは

「頭皮がずいぶん荒れてますねぇ」という衝撃的なものでした!

当時の私の髪の様子がこちらです。

ヘナやめた

われながらパサパサでツヤ感ゼロのひどい状態です。

これじゃヤメたくもなるでしょ?(笑)

 

また、ヘナでアレルギーが起こらないというわけではなく、アレルギー症状が起こるひとも居るようです。

 

自然の植物を使ったもので、それが合う人もいれば、植物によるアレルギーが起こる場合もあるようです。

 

ヘナをやめた後のカラーリング問題

ヘナをやめると決めたら、代わりとなる白髪染めを見つけなくてはいけません。

私は肌が敏感だったこともあり、肌トラブルが起こらないようなものにしなくてはいけません。

となると、ジアミンを使っていないもの。

ヘアマニキュアか、カラートリートメント。

白髪染めセルフが人気!カラー剤の種類と選びかた美容師さんおすすめのもの
白髪ってどのカラー剤でそめたらいいの?と迷っていませんか。 種類が多くていろいろ迷ってしまいますが、簡単にカラー剤の種類と特徴をまとめてみました。 美容師さんがおすすめする白髪染めもあります。セルフ白髪染めをどんどんやってみましょう。

 

ヘアマニキュアは、頭皮に付けてはいけないので不器用な私には難しい^^;

そこで「カラートリートメント」を選びました。

 

ヘナで染まっている髪は色が抜けるまで待ち、根元に伸びてきた白髪をカラートリートメントで染めていくのです。

カラートリートメントは、短時間で染まるので、白髪染めのための時間をあえて作らなくてもささっと染めることができました。

根元だけをチョコチョコ染め、パサついた毛先を切っているうちに気づいたら、ヘナで染めていた赤い毛はすっかりと無くなり

さらに嬉しいことに、髪質まで良くなっていきました。

 

まとめ

 

 

コメント