ヘナをやめた理由!メリットデメリットその後は何で染めているかまで

 

ヘナを数年続けていましたが、次第にやめたい気持ちがふくれあがりとうとうヤメてしまいました。

やめるまでは、いろいろと不安も葛藤もあったけど、あっけないほどスムーズにヘナをやめることができたのです。

 

ヘナで染めていたときの髪をまずご覧ください。

パサパサのボサボサでツヤなんてどこにもありません。泣

湯シャンもやっていたので、ヘナだけのせいじゃないとは思いますが、にしてもひどい状態。

なのに、髪に良いと信じてヘナで染め続けていたんです。

 

ずっと続けてきたヘナをいきなりヤメるのは不安だらけ。

しばらく悩みました。

 

その後ヘナを思いきってヤメて、カラートリートメントの「マイナチュレカラートリートメント」にしました。

 

最近のわたしの髪

ツヤが出ています〜♪

「きれいな髪ですね」と美容師さんに言われることもあります。

 

ヘナをやめた理由と、現在の白髪染め状況などについてまとめてみました。

あの時やめて良かったー。
って心から思ってます。

ヘナをやめた理由

ヘナをやめた理由

私のヘナ歴は、3年ちょっと。

わりと短いほうでしょうか?

 

当時私は敏感肌で、肌に吹き出物ブツブツ出ていたことが悩みで、肌断食と湯シャンを実践。

湯シャン体験記はこちら>>>

 

シャンプーを使わない生活をしていたので、白髪染めはヘナくらいしか選択肢が無かったのです。

 

ちなみに数年ほど肌断食のモニターもやっていたのですが、

「ヘナで染めても良いですか?」

と相談をしてみました。

 

そうしたら、

できれば使わないで欲しい!」

「ヘナは肌に優しいというイメージがありますが、実際には肌にとても負担がかかります」

と強めに止められました。

 

(でも、染めないわけにもいかなくて、こっそりとヘナで染めてました)

 

しばらく湯シャンと肌断食をやっていたおかげで、肌の状態も良くなってくるとヘナへの不満が少しずつ出てきました。

『私がヘナをやめたいと思った理由』

  • 色が好みじゃない
  • 染めるのに時間がかかりすぎる
  • 髪がパサパサになっていた

 

以上の3つでとてもストレスになっていました^^;

とくにヘナで髪にツヤが出た、髪がきれいになったという人が多い中で、私は髪がパサパサ。

( ̄▽ ̄) あれ?ヘナって髪にいいんじゃ無かった??

 

もしかしたら、自分には合わないのでは?

という思いを打ち消しながら使うこと数年(笑)

 

肌トラブルもおちついてきたとき、ここらでヘナをやめてみるか!

と、思いきってヘナを卒業しました。

 

ヘナは他のカラー剤には無いメリットもあれば、それに反するデメリットもありました。

ヘナのメリット

ヘナのメリットデメリット

ヘナは、他の白髪染めには無いメリットがあります。

頭皮に優しい

頭皮に優しいのは、アレルギーの原因になりやすいジアミンが含まれていないからです。

ジアミンは市販のカラー剤や、美容室のカラー剤に含まれています。

 

ジアミンによるアレルギーを発症すると、2度と治ることは無いと言われています。

恐〜・・・

髪にツヤが出る

ヘナには天然のトリートメント効果があり、髪にツヤとハリが出ると言われています。

カラー目的ではなく、トリートメントとして髪にコシが無くなってきたからと使うひとも多いと言われています。

セルフで染めることができる

ヘナはネット通販などで簡単に購入することが可能です。

粉をお湯(または水)で溶いて、塗布すると白髪を染めることができます。

 

置く時間に注意したり、液を2種類使ったりといった手間が全く必要がないので、

初心者でも簡単に、セルフで染めることができます。

環境に優しい

ヘナは植物から作られているため、環境に優しいのも特徴です。

自然派のものが好きな方からも支持を受けている唯一のヘアカラーかもしれません。

ヘナのデメリット

 

でも、ヘナにはデメリットもあるんです

髪を明るくすることができない

ヘナは白髪にだけ色が入ります。

その色は赤かオレンジ。

 

髪色を明るくしたい、流行のアッシュカラーにしたいというのは無理です。

 

また、黒っぽく染めるためのインディゴという染料を加えることで黒く染めることもできますが、

これがまた曲者で、かなり黒く染まる上、後からカラーチェンジをしようとしても色が抜けなくなるのです^^;

染める時間が長い

ヘナの一番のデメリットは、時間がかかりすぎることだと思います。

他のカラー剤が、15分とか20分と言っているのに対して、ヘナは軽く1時間はかかります。

ヘナ専門の美容室でも、最低1時間半くらいは置いて欲しいと言われていました。

 

私は少しでも髪色が赤く発色するのを防ぐために、

オレンジで染めたあと数日後に今度は茶色で染めていたので、最低でも合計2時間はかかります。

 

しかも白髪はすぐに伸びてくる・・・。

暇さえあれば白髪染めしているような感覚に陥ってました。

ヘナは色が抜けない

実は、ここが意外な盲点です。

他のカラー剤は、色に飽きたら割と簡単にカラーチェンジが出来ます。

 

ところが、ヘナはカラーチェンジがとても難しい。

 

色がとにかく抜けにくいのです。

 

一度ヘナで染めたら、染めたところは切らないと色が抜けません。

 

そのため

「ヘナで染めるのは出家をするようなもの」

という人までいます。 笑

 

わたしもそれ聞いて大いに納得。

友人がまさにヘナ出家をしたからです。

 

結論;ヘナは誰にでも合うものではない

ヘナは愛用する人にとってはものすごく絶賛されている感がありますが、

正直なところ私はそれほどの効果が実感できなかったのです。

 

例えば、髪にツヤが出るどころか、当時の髪はパサパサ。

フケもしょっちゅう。(湯シャンのせいもあるかも)

 

頭皮をスコープで見てもらう機会があったのですが、そこで言われたのは

頭皮がずいぶん赤くあれてますねぇ・・・。

という衝撃的なものでした!

 

もう一度当時の髪をお見せしますね。

 

ヘナやめた

 

われながらパサパサでツヤ感ゼロのひどい状態です。

これが3年使ったヘナ染めの末路。

これじゃやめたくもなるよね

 

ずっとヘナで染めている友人たちの髪を見ても、ツヤ感は正直感じられないんですよね・・・。

 

ホントにヘナって髪にツヤ出るの??

わたしの本音です。

 

また、ヘナでアレルギーが起こらないというわけではなく、意外と知られていませんがアレルギー症状が起こるひとも居るわけです。

ヘナって自然の植物を使ったものですから、それが合う人もいれば、植物によるアレルギーが起こる場合もあるのです。

合わないと「かゆい」「頭皮が乾燥してフケが出る」「匂いがとにかくダメ」

という人が多いようです。

 

ヘナを実際に使うと、かなり乾燥するというかバキバキに固まっていきますよね。

しかもヘナの特性として時間を置けば置くほど染まるというわけで、しっかり時間を置くと、まるで石膏で固めた状態。

肌も頭皮も乾燥させすぎは良く無いのは誰もが知るところです。

その乾燥しきったヘナを洗い流していくのですから、頭皮にはより負担がかかります。

 

実際にヘナで染めていたころの私は、フケが出やすく黒い服を極力着ないようにもしていました。

 

ヘナを過信しすぎてはいけません( ̄▽ ̄)

 

ヘナをやめた後のカラーリング問題

 

ヘナをやめると決めたら、代わりとなる白髪染めを見つけるのが最初の課題。

白髪を染めることができるのは大きくわけて3種類

  • 白髪染め(美容室、市販)
  • ヘアマニキュア
  • カラートリートメント

 

私は肌が敏感だったので、肌トラブルが起こらないようなもの、そして髪もバサバサだったので傷まないものにしたい。

となると、当然ジアミンを使っていないもの。

ヘアマニキュアか、カラートリートメントになります。

 

ヘアマニキュアは、「頭皮に付けない」という高度なテクニックが必要で、不器用な私にはちょっと不安。

そこで「カラートリートメント」を選びました。

これが大正解でしたっ

 

マイナチュレカラートリートメントで染めてみた

ヘナをやめてカラートリートメントで染めはじめた直後の髪です。

使ったカラートリートメントは、マイナチュレカラートリートメント

色はダークブラウンを使っています。

カラートリートメントにしてからそれほど経ってませんが、ヘナで染めていたときのパサ毛と違って、全体にまとまりとツヤが出てきたんです。

 

ずっとヘナで染めていたし、湯シャンも実践していたので、カラートリートメントを使うのはものすごく不安でした。

「ちゃんと染まるのかな」「肌あれしないかな」

 

すごく悩んでカラートリートメントについて調べまくる日々だったのですが、ちょうどその頃

マイナチュレのカラートリートメントが新発売されて、ホームページをじっくり読むと

  • 「敏感肌にも優しい」
  • 「染まりのよさにこだわっている」
  • 「トリートメントとしての効果も高い」

とあります。

 

これってわたしのためのカラートリートメントかも

よし!と思いきって注文して、初めて使ったときの感動といったらもう。

 

「カラートリートメントは染まらない」と思っていたのに、見事に裏切られました。

マイナチュレのダークブラウンは1回目で染まったのです。

しかも髪はツヤツヤになって、ヘナで染めたあとのようなギシギシ感がゼロ。

 

ヘナで染めていた時と比べてみましょう!

あぁ、もう一目瞭然すぎる。笑

 

マイナチュレありがとー!と叫びたくなりました

 

もっと早くから使っていれば良かったです・・・。

 

 

ヘナからマイナチュレに変更した体験記はこちらです

マイナチュレカラートリートメント体験記!敏感肌が使った本音レビュー「ヘナから変えた結果」
マイナチュレカラートリートメントの体験ブログです。敏感肌でも安心して使える白髪染めを探してマイナチュレを使ってみました。実際に染めた様子や気になる点などまとめてみました。

 

 

 

 脱ヘナがスムーズに出来たカラートリートメントは公式サイトが断然お得です  

マイナチュレカラートリートメント公式サイトはこちら>>>

 

ヘナをやめてハイライトにも挑戦

ヘナをつかっていないと、カラーは自由自在です。

自分でカラートリートメントで染めるも良し。

美容室で人気のアッシュカラーにしたりハイライトを入れたりと、流行を楽しむことも出来るのです。

最近のわたしの髪。

美容室でハイライトを入れたときのもの。地毛ハイライトっていうやつですね。

ハイライトはやはり傷むのでしょっちゅうはやりたく無いので、根元の白髪のリタッチは、

明るい色のカラートリートメントを使っています。

 

濃い色だとハイライトも消えてしまうんです

しかし明るい色のカラートリートメントは染まりにくかっかり赤くなるのがちょっと難点。

マイナチュレの明るい色「ブラウン」は赤っぽく染まるのです・・・。

赤い毛は、ヘナで飽きてますから赤くならないものをつかいたいです。笑

 

 

そこで今愛用しているのはこちら!

人気カラートリートメント、LPLPの新商品

LPLPエッセンスカラー

 

ルプルプエッセンスカラーのすごいところは、カラーが5色もあること。

そして、染まるのにかかる時間がたったの3分。

しかも濡れた髪に3分です。(←濡れた髪って普通はそまりにくいのです)

 

5色の中からわたしが選んだのは、「アッシュブラウン」

ルプルプエッセンスカラー口コミ

濡れた髪は染まりにくいって常識がひっくり返りました

わたしが実際に使った感想はこちらです

【レビュー】ルプルプエッセンスカラーアッシュブラウン体験!注意したいこともあり
LPLPシリーズの新商品、LPLPエッセンスカラートリートメントを使ってみました! カラートリートメントが大好きな、大のカラートリートメント派。 ゆえに、かなりきびしくチェックしてしまいます。 が!最近のカラートリ...

 

\割安で買えておまけも付いてくるのは公式ホームページだけです /

ルプルプエッセンスカラー公式サイトはこちら>>>
美容室でハイライトを入れてもらうのは、せいぜい3ヶ月おき程度です。

それでも回数を重ねると髪はものすごく傷んできて、カラートリートメントのみに戻したくなりました。

われながら、ほんと飽きっぽい。笑

しかし、こんな風に美容室で染めたりやめたり、なんてこともヘナでは出来ないですよね。

 

 

ヘナをヤメてカラートリートメントにする方法

ヘナを止めるのは実はとても簡単です。
  • ヘナを使うのをストップする
  • カラートリートメントで染め続ける

これだけです。

 

ヘナで染められた部分は切らない限り無くなりません。

伸びてきたところを、ヘナ以外で染め続ければ良いだけです。

 

なぜカラートリートメントかというと、

頭皮も髪も痛まないのでこまめにしょっちゅう染めることができるから。

 

ヘナでしっかりと染めていると、伸びて根元に生えてきた白髪がとても気になると思います。

カラートリートメントなら、気づいたときすぐに染めることが出来ます。

 

少しずつこまめに染めているうちに、気づいたらヘナで染めた部分は無くなるし、最近のカラートリートメントは髪を補修する成分が入っています。

 

髪もツヤツヤになり、貴重な時間をヘナに奪われずに済むことがとても嬉しくなりました。

 

実はヘナを使う前にもカラートリートメントで染めたことはあったけど、当時のものは染まりにくくて断念したことがあったのです。

ところが『わたしがヘナを愛用していた3年くらいで、大きく進化していたのには驚きました!!』

 

カラートリートメントはヘナに無い良さがたくさんあります

 

カラートリートメントの良いところ

  • 短時間で染まる(10分から長くても30分)
  • トリートメント効果もある
  • ジアミンが入っていないのにちゃんと染まる
  • 髪が痛まない
  • カラーがヘナよりおしゃれ

 

ヘナをやめるのをきっかけにカラートリートメントを使いはじめました。

以来カラートリートメントは、私の生活に欠かせないものとなり、人気商品から新製品まで良さそうなものはどんどん使ってみています♪

ほとんどマニアの領域です

カラートリートメントだけの時もあれば、美容室でハイライトを入れてもらったりいろいろと楽しんでいます。

 

美容室のカラーは楽だし、色もきれいだとは思うのですが、髪のダメージはハンパありません。

やっぱりカラートリートメントに戻ります。笑

 

ヘナ時代にはパサパサだった髪ですが、カラートリートメントを使っているうちに髪の状態が良くなりました。

「ハリのある髪ですね〜」と美容師さんによく言われるようになり、ショートカットにもできるように。

ヘナ時代はボロボロの竹ぼうきのような髪だったので、ひっつめ一択でした。笑

 

この髪色は、ハイライトを入れた髪に、カラートリートメントで染めたもの。

ハイライトを入れたあとの髪はパサつきがハンパないのですが、カラートリートメントはダメージを補修する成分がたっぷり入っているので、ツヤが出ます。

またハイライトって次第に退色してきて、金色っぽくなるのですが、カラートリートメントで抑えることができるのです。

 

今一番気に入っているのはルプルプエッセンスです

 

 髪が痛まずおしゃれカラーも選べて短時間で染まる

ルプルプエッセンスカラー公式サイトはこちら>>>
 

マニキュアはダメなの?

マニキュアタイプは染まりやすくて良いのですが、ヘナをやめるときって、新たに白髪が伸びてくる根元を中心に染める必要があります。

となると、根元にもすりこむようにして染められるカラートリートメントの方が良いのです。

ヘアマニキュアは基本、頭皮につけてはいけないので。

 

ヘナをやめる過程では、マニキュアよりカラートリートメントやシャンプーの方がおすすめです。

 

ヘナから抜け出したら、マニキュアにするのも良いと思います。

 

緊急時にカラートリートメントのありがたさを実感

実は先日義母が他界しまして、その時「カラートリートメントってありがたい」と心から思ったのです。

前日の深夜に入院していた病院から知らせが入り、早朝には出発することになりました。

夫の実家は、我が家から新幹線で1時間半かかるので、数日は自宅に帰ることはできません。

翌日の準備をしながら「朝、まずは白髪を染めなくちゃ」と冷静な自分が居ました。

ほとんど眠れぬままに、起きてパパッと入浴前にカラートリートメントを塗って、白髪を消してすぐに出かけることが出来ました。

これがヘナだったら、最低でも1時間半は染めるのにかかるのですから、こんなときに白髪なんて染めていられません。

いつもよりたくさんの人に会う数日の間、伸びてきた白髪を気にして過ごさねばならなかったところです。

 

不謹慎ながら「ヘナやめていてよかったー」と思いました。

まとめ

  • ヘナは誰にでも合うわけでは無い。
  • 敏感肌でも、ヘナ以外のカラー剤はある。
  • ヘナをやめたら、白髪染めがとても楽しくなった♪
  • ヘナで使っていた時間を他に使える
  • カラートリートメントが脱ヘナに1番向いている!

50代ともなると、時間があっという間で、1日はおろか1週間もすぐに経ちます。

ヘナに取られる時間が減ると、自由に使える時間が増えますよ♪

その時間を好きなことに使いましょうー。

 

 

error: Content is protected !!