白髪カラートリートメントアッシュカラーを3種類使ってみた結果!

白髪カラートリートメントのアッシュカラーをわたしは3種類使ってみました。

カラーで人気のアッシュ。

白髪を染めるカラートリートメントにもアッシュカラーが増えてきました。

1番染まるのは?色のもちなど、私が感じたままにご紹介します。

LPLPルプルプベージュブラウン

LPLPルプルプのベージュブラウンは、アッシュカラーになります。

ルプルプの中でも1番最近発売されたのが、このベージュブラウンです。

グリーンとブルーの海を思わせるパッケージ。

量は200g入っています。

購入時は、一緒にシャワーキャップも付いてきました。

手に出してみるとこんな感じの色

しっかりと濃い目の色です。

ルプルプは染めるのに推奨されているのが、20分から30分と長め。

洗い流したあとの髪は、しっかりと染まっているのですが、ベージュブラウンかなり濃い目です!

あらら、かなり濃いわ〜。

染めたあとでLPLPさんのHPをみると、「ベージュブラウンは濃く染まる」と書かれていました。

アッシュカラーは少しぬけ感のあるいろだと思うのですが、これはちょっと濃すぎるかなぁ。

染まりはとても良いんですけどね・・・。

 

ちょっと色は濃いめなので、時間を短くするなど調整が必要です。

ただし、良く染まる。

なんども言ってしまうほど染まりました。笑

 

ルプルプ通販サイト>>>

 

 lplpの詳しい体験記はこちら   

LPLPカラートリートメントの口コミ!ベージュブラウン【染まり過ぎ注意】
カラートリートメントLPLPルプルプ、カラーはベージュブラウンが人気のようです。 この記事ではLPLPの口コミ、染まり具合、染め方のコツ、成分の特徴。 白髪カラートリートメントマニアのわたしが、実際に使ってみた本音の感想などをまとめてみました。

フラガールグレーベージュ

フラガールといえば、アッシュでしょ?

ってくらいアッシュカラーの定番的カラートリートメントです。

 

フラガールのアッシュカラーにはアッシュブラウンという、アッシュカラーがありますが、私が選んだのは、グレーベージュ

グレーと赤みを抑えたベージュの中間くらいの色とされていて、フラガールの中では1番最近発売されたものです。

フラガールは量が250gとたっぷり入っていて、お値段が2200円とコスパ良し。

乾いた髪に塗って、わたしは15分程度置きました。

 

そうして仕上がりは

白髪がしっかりと隠れていて、髪のハイライトも残ってますが、こちらもちょっと暗めかなぁ。

LPLPがかなり暗めと思ったけど、こうして写真で比べてみたらフラガールの方が暗いです。

 

コスパが1番良いのはフラガールです。

染まりもかなり良いし、使いやすいとは思うのですが、アッシュ系か?と言われるとちょっと濃すぎるように思います。

暗めのアッシュにしたい!という場合には、フラガール良いと思います。

白髪染め フラガール [ グレー ベージュ ] カラートリートメント>>> 

 

HANAオーガニックカラーコンディショナー

3つ目は、ハナオーガニックのカラーコンディショナー。

アッシュブラウンというカラーです。

ハナオーガニックのカラートリートメントは2色。

そのうちひとつがアッシュ系なんですよ。

ハナオーガニックといえば、ブランド名にも入っているように自然派のオーガニックコスメブランドです。

頭皮を健やかに保つ、植物エキスの「バイオエコリア」が配合されています。

バイオエコリアには頭皮の炎症を癒す効果や、美肌菌を増やす働きもあるのだそうです。

使うだけで、頭皮ケアができるというわけです。

染めたあとの髪

 

写真に撮るとわかりにくいんですが、いちばんアッシュ感が強かったのはこのハナオーガニックだと思います。

しかし写真じゃわかりにくいかも・・・。

 

他の2つより、軽めのカラーなんです。

 

 

HANAオーガニックカラーコンディショナー>>> 

 

 ハナオーガニックカラーコンディショナーを使った体験記はこちら   

hanaオーガニックカラーコンディショナー口コミまとめと使った感想
国産オーガニックコスメ人気ブランドのhanaオーガニックの、 白髪染め「hanaオーガニックカラーコンディショナー」を使ってみました! この記事ではhanaオーガニックカラーコンディショナーの口コミ、 カラートリートメント好きの私が使った本音の感想、 成分や気になる効果、安く買う方法なども調べてまとめてみました。

わたしの感想

わたしが実感した、アッシュっぽさが出た染まり方は、

1番・ハナオーガニック、 2番・LPLP、 3番・フラガール

かなと感じました。

いずれも染まりがよく、1回目からちゃんと染まったのですが、その反面アッシュ感がちょっと出にくいかなぁ。

というのが本音の感想。

そもそもアッシュカラーとは?

アッシュとは灰色

ちょっとくすんだグレイッシュカラーで、ぬけ感があるところが人気です。

同じアッシュでも、アッシュベージュ、アッシュブラウン、アッシュピンク・・・

などバリエーションはとても豊富です。

ブリーチをして色を抜いた髪にはそまりやすく、暗めのアッシュカラーが好みならブリーチをしない方法もあります。

正直わたしは、ちょっとくすんだカラーならすべて「アッシュね!」と思ってしまいます。笑

カラートリートメントのアッシュカラーはむずかしい

正直3つ使ってみて、イメージしたアッシュにはなりにくいのがわかりました。

 

どうしても、カラートリートメントだと色を抜いて染めるわけじゃないので、地毛のところが濃くなる。

 

アッシュ特有の透け感のある、グレイッシュカラーは難しいなぁと。

 

白髪が多い人なら、アッシュ感は出るのかもしれないのですが、まだそれほど多くない場合は、

「アッシュ!」という感じにはなりにくいのかもしれません。

白髪がうんと増えてきたほうが、カッコ良いアッシュカラーになるんじゃないかなぁ。

 

というわけで、最近はアッシュカラーより最初から明るい色で染めるのが気に入ってます。

明るめの色なら、ダークブラウンと違って髪色がしっかりと染まらないので、ぬけ感のある色になるからです。

髪に少しハイライトも入れてもらっているので、明るめのカラーがとても使いやすいです。

 

明るめの白髪カラートリートメントも3種類使い比べてみました  

白髪カラートリートメント明るい色3選!きれいに染まるのはどれ?
白髪カラートリートメントで明るく染めたいんだけどどれ選んだら良いの?ハーバニエンスカラートリートメント、マイナチュレカラートリートメント、レフィーネヘッドスパトリートメントの、染まりやすさ、色もち、価格、特徴などを比較してみました!私のイチオシもご紹介します。

 

少し前までは、白髪は隠さなければ!

としっかりと濃い色のカラートリートメントで染めていたけど、今はアッシュがトレンドの流れからも、明るめの色で透けるくらいの感じで染めています。

この染め方に慣れると、白髪に神経質にならなくなりました。